『されど罪人は竜と踊る 9』


されど罪人は竜と踊る9 (ガガガ文庫)されど罪人は竜と踊る9 (ガガガ文庫)
(2010/07/17)
浅井 ラボ

商品詳細を見る



基本的にされ竜は他に積んでるラノベがあっても買ってきたその日からすぐ読む。

個人的に今シリーズのサブタイトルは《殺人考察》もしくは《エリダナ仏恥義理マーダーウォーズ》で確定w

今回は角川靴文庫の短編でも出てきた厨二病殺人小僧の上位種に当たる、今までは本編にはその存在が仄めかされてただけの殺人王ザッハドの《使徒》たちがエリダナで我らが薄幸眼鏡っ子ヒロイン・ガユスたちを巻き込んで愉快なマーダーゲームを繰り広げるお話。

金髪碧眼の爽やか系イケメソやピンクの髪のロリっ娘三つ子も出てくるよ! ただし全員超凶悪殺人鬼だけどな!(まさに浅井)

それからあのパンハイマ様に娘がいたというまさかの超展開だったが、一体父親がどこの何様なのかが物凄く気になる。もし姻戚関係とかそういうの抜きの純粋な恋愛結婚だとしたらとんでもない勇者だな・・・・・・龍皇国はそいつに最高レベルの勲章授与していいくらいの。

穴ピア編では変態王バモーゾたんに性的な意味で狙われ、常日頃から闇医者ツザンに内臓を狙われているガユスだが、今回はカニバリズム大好きな使徒・《人喰いモーフィース》に文字通り肉を食われるハメに。とりあえずガユスの変態相手におけるモテモテっぷりは毎度ながら異常だw しかも今まで食ったなかでも最高峰になりそうな感じと少しもありがたくない告白までされているし。

とりあえず今シーズンは内容が内容なだけに殺しについていろいろ考えさせられる話だった。俺も世の中に殺したい奴は何億といるし、そういう連中なら殺しても何とも思わんだろうが使徒はそういうの抜きで相手が善人だろうと悪人だろうと、一般市民だろうと自分達と同等以上の戦闘能力のある高位攻性咒式士だろうと殺したいと思えば関係無しに殺す素敵な連中ばっかりだったんで。

仮に俺が範馬勇次郎みたいな誰も自分を罰することができない絶対的強者だったとしても、殺す相手は天下国家の為にならない人間とか生きていても価値のない人間、個人的に許せない相手に限られるだろうし、思想、信条とか利益とか抜きにして単に殺したいから殺すというタイプではないとは自分では何となくは思う。そういう点では使徒やら『職業・殺し屋』に出てくるガイキチどもとはベクトルが違うと明言はできるかなという感じ。

まあ現実には儲けにもならず、なおかつ官憲から追われムショでカマを掘られるリスクを背負ってまで人を殺す気には到底なれないけどね。イスラエルやアメリカさんに生まれてたら最初から合法的に最新式の兵器で殺戮を経験できる環境に身を置ける道が用意されているのに、今の日本ではせっかくすぐ近所に殺されても仕方のないだけのことをしている国や勢力があるのにそれが叶わないのだからきっと苦々しく思っている人は潜在的にはかなりいるのかもしれないけど。

そういう意味じゃ一般市民のみならず、パンハイマ様やギギガユみたいな到達者級の咒式士(むろん彼等自身も相当の手練だが)まで最高の獲物と捉えてダーティーワークに精を出すザッハドの使徒たちは最高にクレイジーな連中だなとは思ったw まあモルおじさんが十二翼将出してきたらあっさり片がつくんだろうけど、基本的に上位の翼将はみんな周辺の列強国の相手で忙しいんでたぶん出番はなさそう。

ウォルロット編じゃオキツグさんとかウフクス様とかはちょろっと出てきたけど、オキツグさんとかバロメロオ様がいなくなったら戦線が維持できないとまで言われる神聖イージェス教国とかラペトデス七都市同盟みたいな列強諸国がどういう国なのかというのも気になるところだけど。番外編でその辺の話もやってくれないかね?















スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル感想
ジャンル : 小説・文学

『ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック』


ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック (ガガガ文庫)ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック (ガガガ文庫)
(2010/05/18)
深見 真

商品詳細を見る



この間、メイトで一冊だけ残ってたのを取り置きしてもらってたフカミン将軍の新作。存外に読みやすかったんで俺にしては珍しく二日で読みきった。

剣と魔法の世界で特殊部隊―国防騎士団・特殊作戦群、という俺のようなボンクラ男子のハートをダブルタップな設定でしかもきょぬーエルフさんのヒロインという豪華特典付きで、要は現実世界のデルタ分遣隊やらスペツナズをファンタジー世界でやってみようというお話。

個人的に一番燃えたのはクライマックスの戦いより、序盤のドワーフのテロリストのアジトを急襲する場面。武器がオーソドックスなファンタジーっぽいブロードソードとかじゃなく、ナイフとかメイスや手斧、カービンを意識したショートスピアとかというのもよかったし、光属性の魔法でスタングレネードというのもツボだったw 

あと挿絵の織田nonさんの絵がエロくていいんだが調べてみたら成人向けのカテゴリーで活動されてる人みたいね。とりあえずおっぱいがエロいよおっぱいがw

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

『薔薇のマリア』13巻

薔薇のマリア  13.罪と悪よ悲しみに沈め (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア 13.罪と悪よ悲しみに沈め (角川スニーカー文庫)
(2010/04/01)
十文字 青

商品詳細を見る


三巻に及んだルーシー編(SIX編)もようやく完結。前回は秩序の番人副長で素敵眼鏡男子にジョブチェンジしたヨハンさんが捕虜にされてたけど、ベアトリーチェたんの処女膜ぶち抜いた実績もある我らがSIX様に後ろの処女を奪われる展開を期待したのだけど残念ながらそれはなかったみたいw それにしてもあのSIX様のSATSUGAIせよSATSUGAIせよを地で行く姿勢は何とも清々しいものがある。

犯せ殺せ奪え、我慢するな今したいことをしろ! とか俺も大好きだしw まあ犯せはただし二次元に限る、だけど。でも最近は昔ほど凌辱とか鬼畜とか奴隷調教とか好きじゃなくなったんだけどね。昔は大好きだったのに。もしかしたら二次元に対する真実の愛に目覚めたのかね? まさに愛の戦士、キューティーハニーの仲間だねw

今回はだらしねぇ秩序の番人の喝を入れるべくトマトクンが総長争奪トーナメントとかやってたが、琺瑠さんを踏みつけたトマトクンを野蛮だと侮辱した神剣ことグレヒャさんに怒りを燃やすサフィニアたんがおっかな可愛くてよかったw まあトマトクンの鈍感さの前にはいまだに報われないものはあるけどね。その想いがいつか報われる日が来るとはいいなとは常々思うけど。

とりあえず今回のお気に入りは前述の神剣グレヒャさん。鎧を緊急脱着する機能をつけてるんだけどだったら最初から着なきゃいいのにとは思うが、口先だけの嫌味な人と思いきやその実力は神剣の名に恥じないと言うギャップがよかった。SIX様との交戦で死んだと記述はあったけど、個人的には蘇生術で復活してくれていると信じたい。

あとはルーシーは何か完全に空気だったな。マリアたんはピンパーネルとの訓練の成果もあってジェノシドを二刀流で何人か倒したり、副長代理として事務処理に活躍したりとかそれなりに見せ場はあったけど。それからトマトクンはやっぱり凄いな。かつてに比べたら全くショボくなったと言われていたが今の時点であんだけ強いんだから、全ての魔導王が畏敬の念を込めてサー・ディオロットと呼んでいた全盛期はどれだけ強かったのかね?

SIX様の台詞にもあったけどトマトクンやアジアン同様、どうやらマリアたんもまっとうな人間じゃないみたいね。それにしては今のところ戦闘面では全く見せ場はないけど。強敵倒してるのもみんなトマトクンやアジアンだしね。
その辺はおいおい明らかにされていくんだろうけど。

あとエピローグじゃジョーカーとクローディアさんが謎の数字を発見していたが1914は現実世界じゃ第一次世界大戦が起きた年で、2001年はアメリカ同時多発テロが起きた年だったりするんだけどこれってもしかして今の世界は現実世界の延長という伏線なのかね? あれから第三次世界大戦が起きていまのレベルにまで文明が後退して放射能やBC兵器のせいで異界生物が生まれたとか?

それと薔薇マリは個人的にはオンラインゲームにしたら面白いんじゃないかとはよく思う。クラン作ってクラッカーやったり、秩序の番人に所属したりSMCみたいにひたすらPKしまくったりとか。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

新規スタートとハンネの由来

アフリカン・ゲーム・カートリッジズ (Next)アフリカン・ゲーム・カートリッジズ (Next)
(2002/12)
深見 真

商品詳細を見る

アフリカン・ゲーム・カートリッジズ (角川文庫)アフリカン・ゲーム・カートリッジズ (角川文庫)
(2007/11)
深見 真

商品詳細を見る









アメブロからの引継ぎが無事完了したんで、今日からFC2さんで正式にブログ再開の運びとなった。

以前からお付き合いある方もそうでない方もよろしくお願いします。

とりあえず上記の作品は俺のハンネの元ネタになったキャラが主人公の小説。並行世界から自在に銃器を召喚できる《銃使い》とそれを根絶しようとする政府機関の戦いを描いた傑作。まあ主人公の矢崎竜座ってのも思い切り作中でも偽名なんで主人公の本名は最後までわからないんだけど。

俺も自分の名前が嫌いなのは一緒だし、銃も好きなんでそこは共通点か? 主人公はベレッタ派で俺はシグ派という違いはあるけどね。

究極の萌えの求道者






されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫)されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫)
(2008/05/21)
浅井 ラボ

商品詳細を見る



されど罪人は竜と踊る 8 (ガガガ文庫)されど罪人は竜と踊る 8 (ガガガ文庫)
(2009/10/20)
浅井 ラボ

商品詳細を見る

俺の大好きな浅井ラボさんの暗黒ライトノベル『されど罪人は竜と踊る』にギルフォイルって敵キャラが出てくるんだが、こいつは誰よりも愛を渇望し人の精神を支配する禁忌の実験を繰り返してて最終的には刺客の手によって海底に脳と生命維持装置だけの状態で鎮められちゃうんだけど、最後のシーンでは自分の脳内で作った理想のおんにゃのこにかこまれて死ぬことも出来ずに永久の萌え地獄に陥るハメになるんだがこれを秘かに羨ましいと思った奴は結構いるかもしれない。

俺なんかもう惨事女なんかいらないし、こんな世界で嫌な思いしてまで生きていていたいとも思わないんで、ある意味孤独感にさえ耐えられれば無上の幸福にさえ思えてくる。永久無限に自分の理想のおんにゃのこを作り出して、それにちょっと飽きたら今度は秀吉や準にゃんみたいな男の娘(厳密には秀吉は違うけど)で遊ぶことも出来るわけだから。しかも竜の超常の再生能力で半永久的に生きることが可能なわけだし、ある意味萌えの求道者としては史上の存在でさえあると思えてくる。

もし俺が同じような状態になったらとりあえずずっと脳内嫁とのエロエロライフを楽しんだり、バキみたいにイマジネーションだけで体重100キロの蟷螂を作って暇つぶしに戦ってみたりいろいろやってみたいがね。ただそれらに飽きたときに自分の意思で死ぬことが出来ないということだけはつらいかもしれないけど。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

矢崎竜座

Author:矢崎竜座
所属 鹿屋基地、山口県立ロアナプラ高校愉悦部

身長 171cm 通常体重 60kg

趣味 二次元コンテンツ全般、格闘技全般(見るのもやるのも)、フットボール(アメリカさんやラグビーではない方、こちらは見るの専門)、リラックマ、映画鑑賞、ミリタリー関連

二次元における嗜好 百合、バイオレンス、リョナ、巨乳、褐色、銀髪、エルフ耳、人妻・未亡人、獣耳、姉・年上、ロリババア、男の娘、女騎士・姫騎士、巫女、魔法少女、ヤンデレ

好きな艦娘 長門、金剛、比叡、榛名、羽黒、摩耶、天龍、神通、電、雷、響、高雄、飛龍、翔鶴、千代田、雪風、夕立、時雨、ビスマルク、北上、大井、大鳳、秋月

いま欲しい艦娘 まるゆを出来るだけたくさん

史実で好きな軍艦 大和、霧島、飛龍、伊58、金剛、雷、ミズーリ、アルバコア、サウスダコタ

尊敬する帝国軍人 山口多聞、工藤俊作、橋本以行、小沢治三郎、酒巻和男、菅野直、坂井三郎、友永丈市、栗林忠道、大場栄、小野田寛郎


好きな銃器 シグP226、M4カービン、シグSG552、89式小銃、タボール、H&KMP7、ウージー、FN57

好きなラノベ キノの旅、ソードアート・オンライン、デュラララ!、ログ・ホライズン、されど罪人は竜と踊る、幼女戦記、魔弾の王と戦姫

好きなコミック 暗殺教室、ちるらん、trash.、進撃の巨人、アカメが斬る!、まりんこゆみ、HELLSING、ホーリーランド、ドリフターズ、ヨルムンガンド

好きなゲーム デビルサバイバー、世界樹の迷宮、ファイアーエムブレム覚醒、真女神転生Ⅳ

政治的スタンス おそらく保守左派、親米保守

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
853位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
118位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR