日本シリーズの日なのに敢えてフットボールのお話

俺が裸族の人のスペシャルドラマ(裸族の人はもう昨日戦死したが)や龍馬伝見てる間に、日本シリーズはロッテが大激戦の末優勝したけど俺は野球興味ないしあんな反日在日企業の球団を応援する気には到底なれないので完全にスルー。
ロッテの菓子なんて自分の金じゃ絶対に食わない。伯父さんが持ってきてくれたときはもったいないんで食べるけどね。まさにジャパニーズ・モッタイナイ精神w

ということで敢えてフットボールの話題を二つほど取り上げてみる。

【アジア大会】中国の嫌がらせ? サッカー男子 公式練習せずに本番へ


自国との試合を前に対戦相手の練習を妨害するなど、まさに支那人のスポーツマンシップなど意に介さない卑劣な行為であり奴等には恥というものはないのかと日本人としてもフットボールファンとしても憤りを隠せない。

こんな卑怯な人間未満のクズどもに国際大会など開催する資格はないのはもはや明確だが、逆に日本側にしてもなぜこの時期にボイコットしようという選手や団体が無いのかと日本側に対しても腹立たしくてならない。国家の威信と領土を現代進行形で踏みにじる中共強盗団主催の大会に参加するなど愚の骨頂だし、日本の運動屋は自身の功名心ばかりで大和民族としての誇りが無いのかと憤りさえ覚える。

むろん非は中共にあるのは明らかだが誰か一人くらいは「私は自国の領土と名誉を踏みにじり、自国民さえ虐殺するならず者国家の開催する大会になど日本人としては出場したくは無い」という者はいないのだろうか? まさにこいつらは自分さえよければいいという、愛国心の欠片も無い脳筋バカの集まりで国辱ものだとさえ思う。

これだから運動しかしてこなかった脳筋スポーツ馬鹿は始末に終えない。かつてはモスクワ五輪もボイコットしたのだから日本こそ中共強盗団の無法に抗議するべく大会そのものをボイコットして日本人の怒りを示すのが当然だと思うのだが。別にこんな大会出場しなくてもさしてキャリアに傷はつかないし、むしろ保守層への人気取りになっていいと俺なら思うんだがね?


【高校サッカー】延べ44人のPK戦で決着 全国大会福岡決勝


逆にこっちはフットボール関連のいい話。九国大付属は俺が福岡にいたときはまださほど強くなかった気がするが、東福岡は多くのJリーガーも輩出した全国屈指の強豪だしそんな相手を44人にも及ぶPK戦の末下した九国大付属には心から拍手を送りたい。まさにフットボーラーのファイティングスピリッツの精華とも言っていい。俺の福岡にまだ住んでいたならぜひ見てみたかったくらいの高校サッカー史上に残る大激戦だ。

お隣福岡の決勝戦がこれだけの大激戦を繰り広げたのだから我が山口の予選もこいつは確かに盛り上がる!(CV宮野真守)な熱戦を期待したいところだが、肝心の俺の母校がここ二年国立から遠ざかっているというのは何ともさびしい限りなのだが。何年か前には国立に行く、だけじゃなく国立でプレイするつまりベスト4にまで進出したというのに最近の凋落振りには、俺はサッカー部じゃなかったけど卒業生としては正直悲しいものがある。

まあ県全体のレベルが上がったというのもあるんだろうけど、もう昔の栄光だけじゃ勝てないという現実を突きつけられる現状が続いているわけだが、今年こそは九国大付属の奮戦に続くべく復活を目指して頑張って欲しいものである。





スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

文化の日だがスポーツの日

一応、愛国者を自認する者としては祝日には国旗を掲げねばと思うのだけど、家にもちゃんとあるみたいなんだがどこかにしまい込んでいるためにいつも忘れてしまう。それだけに街中で日の丸を掲げた家を見ると思わず家主を尊敬してしまう。お前が言うなという話ですが皆さんも日本人なら祝日は国旗を掲げましょう、宗教や新聞勧誘避けの効果もありますしw

今日は文化の日、というわりには世間ではナビスコカップの決勝とか日本シリーズとか、剣道の全日本選手権や女子バレー、斎藤祐樹君の早稲田の早慶戦、ヨーロッパでもチャンピオンズリーグがあったりと何かとスポーツイベント目白押しな一日だったようだ。ナビスコカップは去年はそのまんま多摩川クラシコでチケットが発売即sold outと盛り上がったみたいだったが、今年はサンフレvsジュビロという地味なカード(両チームのファンの人すみません)なんでどうなるかと思ったらニュース見たら国立はスタンドも一杯で試合自体も延長までもつれ込む激闘だった。

MVPはいまだに岡ちゃんに招集されなかったのが納得いかない前田遼一だったが、個人的には最後にPK止めた川口も印象に残った。やっぱり日本の初めてのワールドカップからずっと第一線で戦い続けてきた漢はモノが違うなと思った。あとCLではこの間も特集されてたトットナムのガレス・ベイルが大活躍だったが、決勝点のアシストしたときの突破は正直凄かったw 伊達にギグスの再来と呼ばれてはいない。ギグスをワールドカップで見れなかったのは残念だったけど、ベイルはぜひブラジルで見てみたい。頑張れウェールズ代表w

ナビスコカップも日本シリーズも見るつもりはなかったけど、剣道の全日本選手権は秘かに楽しみだったんで見逃したのが残念だった。俺自身は剣道の経験はないのだけどあの取るか取られるかの空気や間合いの読み合いは他の格闘技はスポーツじゃないものなんで。フェンシングは15本勝負だし。

あとは久々に自分もジム行って筋トレとかしたが、体重はあまり変わらなくても体脂肪が17%台というありえない数値でげんなりした。まあしばらくまともに運動してなかったんで仕方ないが好調時は一桁なこともあるだけに余計に。人間はちょっと運動しないとすぐガタが来るから困る。闘争が日常な虎やライオンはまさに戦わなければ生き残れないんで、そんなことにはならないだけうらやましいといつも思う。

もしくは帰ったらやってた池上彰の特番のメキシコや、アフガンみたいな殺し合いが当たり前の国に生まれていればよかったのかもしれん。そういうところじゃ常に訓練してないと自分が殺られるしいざというときに使い物にならないんで、今日は気分が悪いからクソ・・・・・・鬱だ死のう・・・・・・(CV宮野真守)なんて言ってもいられないだけ。

それこそメキシコにいたら今頃マジでカルテル子飼いの殺し屋になって、殺したり殺されてたりしそうだ。あっちはカネうなるほど持ってて下手な軍や警察の部隊よりいい得物持てそうだし、シノギにも不自由しないんで。正直メキシコの大統領とかチャンピオン系の漫画に出てくる極悪高校に赴任させられた校長が楽な商売に見えてくるようなまさに北斗な世界。

とりあえず明日は筋肉痛確定というかもう既に腕とか痛いw 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

予想ダコ・リリカルパウルSTRIKERS(笑)

タコのパウル君、決勝はスペインの勝利を“予言” 3位はドイツ

題名はフットボールだけにストライカーズでw

準決勝二試合とも見たけど俺もパウル君に賛同で。今まで勝つには勝っていたがなかなかEUROや予選(むろんレベルは違うが)のときの切れ味を放てなかった攻撃陣もようやくドイツ戦でその真価を発揮してきたので。
ウルグアイはガーナ戦で見事なビッグセーブ(笑)をかましたスアレスが復帰するとは言え、フォルランが怪我で出場が危ぶまれているのでやはりドイツ優位かなとは思う。

しかし何だかんだで自国(?)の敗戦まで当てたんだから、パウル君はある意味私情を挟まないプロフェッショナルなのかもしれないw ドイツの敗北に怒り狂った店主に刺身にされず何よりだったねw

でも準決勝はどっちの試合も面白かったね。ワールドカップでこれだけテンションの上がった大会も初めてだし、南半球での開催ということもあり、選手のコンディションもいいのかハイレベルな大会だったと思うし。

特にドイツ戦はペドロやイニエスタ、プジョルといったバルサ勢の活躍や、体格で勝るドイツDF陣相手に二度も果敢なヘディングを狙い、決勝ゴールを決めたプジョルの闘志、ドイツの堅牢なディフェンスを相手に今大会でも最も機能していたパスワークを披露したりなど素晴らしかった。
むろんオランダも恐るべき相手には違いないがここまできたら何としてもワールドカップをスペインに持ち帰って欲しいものである。

でも個人的に今回の大会で一番のサプライズはウルグアイのベスト4進出だがねw まあおフランスの不調というか自滅で決勝トーナメントに進めたのは大きいかもしれないが、その後も韓国を破ってガーナも倒して主力を欠きながらもオランダとの死闘を繰り広げたというのはとんでもないことだと思うよ。

本人は移籍は否定しているようだけどフォルランがマンUとかよりスケールの大きいクラブでプレーするのも次のシーズンからは見たいものだ。年齢的にももうビッグクラブへの移籍は最後のチャンスだろうし。

あとスアレスw

テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

三勝一敗

前述の記事での準々決勝の俺的結果予想は三勝一敗になったがブラジルがオランダに破れたのは見ていて正直ショックだった。前半は完全にブラジルのペースでオランダの前線は完全に何もできてなかったし、サイドからはマイコンが強靭なフィジカルを生かして重戦車の如き突破を見せていたし、カカもいいシュート撃ってたんで。

あとDFの中心のルシオとマイコンはスナイデルとは同じインテルでプレーしてるということもあり、動きを結構読まれてたのか前半は完全に消されてたしね。このままブラジルがオランダ攻撃陣を完封して後半は追加点奪って完勝するかなと思ってたけど、メロのオウンゴールがきっかけで完全に流れを失ってスナイデルも動けるようになって逆転されてあげくにメロはロッベン踏んづけて退場になっちゃったしもうこりゃ駄目だなと思った。

ブラジルはドゥンガは今まで散々叩かれながらもコパ・アメリカも制して、南米予選も一位通過、死のG組も余裕で一位通過と抜群の安定感を見せていただけにこの結果は準々決勝でも最も意外なものだった。逆にオランダは守備陣は国際レベルじゃ無名の選手ばっかりなのにブラジルの攻撃をよく封じ込めていたし、ブラジルは完全にパニックに陥って自滅してしまったという印象が強い。まあ10回やれば4、5回はブラジルが勝つかなとは思うんだけどワールドカップは一発勝負なんでその残りの何回かが来てしまったなという感じ。CLみたいにホーム&アウェイだったら次で立て直して逆転勝利とかもあるんだろうけどね・・・・・・

ウルグアイvsガーナは結局PKまでもつれ込んで朝の六時くらいまで見るはめになったが、ウルグアイの堅守とフォルランの芸術的なシュートが光ったなかなかに熱い好ゲームだった。まあ最後のスアレスが手でシュートを止めたのはよろしくなかったけどねw 石崎君みたいに顔面で止めろよと思った人は結構いそう。後のドイツvsアルゼンチンじゃテベスのシュートをドイツのDFは状況が違うとは言え、しっかり顔面ブロックしてたしね。まさによくやった、騎士十字章ものの栄誉だ(CV飛田展男)という感じだ。俺がメルケルおばちゃんだったら何か勲章でもあげたいくらいだ。

あとガーナのFWのギャン見てるとどうしてもあのギャンが思い浮かんでしまうw 中にマ・クベ入ってたら面白いのにね。あれはいいものだw

ドイツvsアルゼンチンはドイツが前掛りになったアルゼンチンを堅守からの速攻で叩いて勝つかなと思ってたけどまさかここまでの点差になるとは思わなかった。ミュラーの先制点も見事だったし、クローゼはとうとうゲルト・ミュラーの記録にならぶところまで行ったしね。今シーズンはバイエルンじゃさしたる活躍もできなかったので、クローゼ呼ぶくらいならクラニィ説得して復帰させろよと開幕前は思いもしたが本番じゃ大活躍というのは何とも大舞台に強い、華を持ってる奴だなとは思った。

メッシはここまでの試合じゃ得点こそなかったものの要所要所で活躍してたんでそろそろゴール見たいなと思ってたが結局最後までゴール決められなかったのは何ともやりきれなかった。これで前々回のバロンドールのカカのいるブラジルは敗退し、既に前バロンドールのクリロナ擁するポルトガルはスペインに一回戦で負けてるのでここ三年のバロンドールが全員ここで姿を消したな・・・・・・ベスト4にバロンドール受賞者が一人も残らないというのは何ともさびしいもんだ。

スペインvsパラグアイはスペイン優位というのは見えてたけど、パラグアイの堅守は本当に素晴らしかったしもしあのPKが決まってたら結果は違っていたかもしれないなとは思った。それにしてもカシージャスがPKを止めた後、すぐにスペインもPKを貰って一度は決めたものの蹴る前に選手がペナルティエリアに侵入しててやり直しになって二回目はセーブしたという超展開にはマジで燃えた。

最後はビジャがポストに当たったこぼれ球を押し込んでスペインの40年ぶりのベスト4入りが決まったが、パラグアイも最後までよく戦い抜いてくれたと思う。これじゃあ日本が負けるのも当然だわなと正直納得した。

ここまで攻守に渡って磐石の安定感を見せ、とりあえず絶対決勝までは行くだろうなと思っていたブラジルがベスト8で姿を消したり、ドイツがマラおじさんのアルゼンチンを圧倒的な大差で粉砕したりとサプライズの連続の準々決勝だった。これで南米勢の生き残りはウルグアイだけになったが、次回はスアレスを出場停止で欠くという痛い状況にあるが何とかオランダ相手に南米最後の砦としての意地を見せてもらいたいものだ。

あとドイツvsスペインはスペインに勝っては欲しいけど、今のドイツ相手じゃ苦戦するだろうなとは思う。犬HKの解説の山本さんもドイツには隙がないと賞賛してたくらいだし。でもここまで来たら決勝がウルグアイvsスペインで優勝ウルグアイという超展開も見てみたいなとかつい思ってしまうw もし実現したら世界中誰も予想しなかったとんでもない結末だよね。

テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

勝手な準々決勝予想

決勝トーナメント一回戦も終わり、ここで大会も一段落し二日間間が空くことになるわけだが、だいたい一回戦は順当な結果に終わったかなとは思う。イングランドは明らかなミスジャッジなど不幸な自体に見舞われたにせよ。
あとは同じ南米のブラジルにチリが破れた以外は南米勢が八強中半分を占めるという南米勢の躍進が目立つ結果になったが、やはり予選でペルーやボリビア相手に高地での戦いになれているというのも大きいのだろう。

もうここまで来たら昔の大会みたいにリーグ戦にしてくれと思ってしまうくらいの豪華カードが実現したが、個人的にはこんな予想で

ウルグアイ 〇‐× ガーナ

ウルグアイの堅守、フォルランとスアレスの破壊力に期待ということ、あと願望込みででウルグアイに。ここまできたら何十年ぶりという準決勝進出を果たして古豪復活を世界にアピールしてもらいたい。

ドイツ 〇‐× アルゼンチン

一番難しいカードになるが一発勝負の戦いでは守備力と安定感に定評のあるドイツが有利か。アルゼンチンの前線の超豪華タレントは脅威だが、監督としての手腕ではやはりレーブ監督に分があるのは明らかだしドイツがそれを凌ぎきれば前がかりになったアルゼンチンにカウンターで得点して逃げ切るかなと考えている。願望としてはやはりメッシのゴール、アルゼンチンの勝利が見たいのは当然なのだけど。

ブラジル 〇‐× オランダ

ここまでで今までのブラジルと比べたら派手さには欠けるが、前回の攻撃に偏りすぎて敗戦を喫した教訓を生かし安定感のある戦いを見せてきたブラジルがオランダのアタッキングフットボールを封じ込めて、堅守からの速攻で勝ち抜くと予想される。オランダは守備陣に最初は不安があったがこれまではそれなりによく守ってきていたもののやはり相手がブラジルとなればこれまでとは段違いの負担を強いられるのは明白。

スペイン 〇‐× パラグアイ

活躍を続けるビジャとは対照的にトーレスはまだ本調子じゃないがシャビは復活の兆しが見え、ポルトガル戦でもヨーロッパ予選で見せた華麗なパスワークが徐々に見られるようになってきた。パラグアイは日本との戦いでの疲労も大きいだろうし、史上最強と言っていいスペインの攻撃陣は日本とは桁違いの破壊力を有しているのは明らかだし劣勢は免れないだろう。

まあこんな感じで適当に予想してみたが最後まで何があるかわからないのがフットボールというもののおっかないところであり魅力でもあるのであてにはならないけどね。

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

矢崎竜座

Author:矢崎竜座
所属 鹿屋基地、山口県立ロアナプラ高校愉悦部

身長 171cm 通常体重 60kg

趣味 二次元コンテンツ全般、格闘技全般(見るのもやるのも)、フットボール(アメリカさんやラグビーではない方、こちらは見るの専門)、リラックマ、映画鑑賞、ミリタリー関連

二次元における嗜好 百合、バイオレンス、リョナ、巨乳、褐色、銀髪、エルフ耳、人妻・未亡人、獣耳、姉・年上、ロリババア、男の娘、女騎士・姫騎士、巫女、魔法少女、ヤンデレ

好きな艦娘 長門、金剛、比叡、榛名、羽黒、摩耶、天龍、神通、電、雷、響、高雄、飛龍、翔鶴、千代田、雪風、夕立、時雨、ビスマルク、北上、大井、大鳳、秋月

いま欲しい艦娘 まるゆを出来るだけたくさん

史実で好きな軍艦 大和、霧島、飛龍、伊58、金剛、雷、ミズーリ、アルバコア、サウスダコタ

尊敬する帝国軍人 山口多聞、工藤俊作、橋本以行、小沢治三郎、酒巻和男、菅野直、坂井三郎、友永丈市、栗林忠道、大場栄、小野田寛郎


好きな銃器 シグP226、M4カービン、シグSG552、89式小銃、タボール、H&KMP7、ウージー、FN57

好きなラノベ キノの旅、ソードアート・オンライン、デュラララ!、ログ・ホライズン、されど罪人は竜と踊る、幼女戦記、魔弾の王と戦姫

好きなコミック 暗殺教室、ちるらん、trash.、進撃の巨人、アカメが斬る!、まりんこゆみ、HELLSING、ホーリーランド、ドリフターズ、ヨルムンガンド

好きなゲーム デビルサバイバー、世界樹の迷宮、ファイアーエムブレム覚醒、真女神転生Ⅳ

政治的スタンス おそらく保守左派、親米保守

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
929位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
139位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR