『龍馬伝』第二十三話

前回、新撰組の三人に追い込まれ電王以蔵は敢え無く捕縛されたが、以蔵を逃がすべく近藤に果敢に立ち向かった龍馬はかっこよかったね。まああのままやり合ってたらたぶん龍馬でも殺られてただろうけど。既に近藤も芹沢派を粛清し、相当の修羅場を潜ってて、土方とともに荒くれガチムチ野郎どもをまとめているわけだし。

今回は長次郎が大和屋(と聞くと芹沢に大砲撃ちこまれた方を思い出すが)の娘と結婚し、幸福絶頂だったがそこに金八先生が現れて、ようやく海軍操練所が神戸村に完成したとのお知らせ。他の連中は大はしゃぎだが長次郎は完全に水を刺された形に。神戸も横浜もいまでこそ日本屈指のオサレな港町だが開国するまでは単なる冴えない漁村だったんだよね。まさに異人様様、勝先生様様である。

一方、土佐では以蔵も送還され後藤サド次郎はもっと拷問させてくださいよ大殿様ァ、と苛立ちを隠せなかったが容堂公は慶喜公から拝領した極楽浄土の絵図を見ながらご満悦。今回は珍しく酒じゃなくお茶飲んでたな。だいたい容堂公は酒飲んでるかお菓子食ってるか遊んでるかのどれかなんで。まあ俺にとって極楽浄土とはむろん二次元のことだがねw 最近はあずにゃんとか奏たんとかいろいろ可愛すぎて現世がつらくなってくる一方なんで。

弥太郎は材木売りも軌道に乗り、ついに待望の子供も生まれてまさにリア充絶頂で投獄中の鬼畜半平太の家を訪ねて、どっか直してやろうかとか勘違いしないでよね! 別に武市さんが心配なわけじゃないんだからねっ! と久々のツンデレ振りを発揮していた。結婚したときといいどうも弥太郎はリア充化するとツンデレになる傾向があるようだ。

というか自分も勝手に人の家に上がりこんだくせに、ヴァン平太の使いの牢番に向かって勝手に人の家に入るんじゃねえとはよく言えたもんであると突っ込みたくはなったがw

神戸の操練所ではついに龍馬の海援隊でも屈指の切れ者であり、後に不平等条約の改正にも奔走しカミソリの陸奥と呼ばれる陸奥陽之助(後の宗光)が登場したが他の人が十日で覚える数式を一日で覚えるとはさすがだなと思った。後に龍馬から俺らの中で刀を捨てても飯が食えるのは俺とお前くらいと呼ばれ、若年ながら最も龍馬に信頼されていた才覚の片鱗を既に見せつけてくれていたが、俺は全く数学駄目なんで操練所いたら絶対まだ20にもならないであろう陸奥に、

あんたこんなのもわかんねえの? これだから長州モンは、超ダセぇ(プッ)と笑われているのは確実だろう。基本的に軍隊って弾道計算一つとっても理系よりの職場だからね・・・・・・ 海軍なんか特に。

でも『天翔の龍馬』じゃやっぱり陸奥死んじゃったな・・・・・・ 西郷どんや大久保はまだ己の信念というものがあるからいいけど、保身のために仲間を裏切るような田中の野郎だけはマジでぶった斬ってくれ土方。というか陸奥いなくなって誰が不平等条約の解消とかするんだろ? 小栗上野介とか榎本武揚あたりか?

それから郷里で同志達が次々と捕らえられ後藤サド次郎たちの苛烈な取調べを受けているのにいてもたってもいられなくなった亀弥太は吉田稔麿らの企てる天皇奪取計画に参加すべく京まで脱走するんだが、他の連中は奴も考えがあってのことだと引きとめようとするが龍馬は操練所は誰一人欠けてはいかんのじゃ、と大急ぎで京に向かうが既に時遅し。
亀弥太は既に池田屋で重傷を負い、事切れる寸前だった。

ここで時系列を遡り、池田屋では長州の吉田稔麿(名前さえ出てこなかった)や宮部鼎蔵らを中心に、京に火を放ち帝を奪還する計画を進行していたんだが、ズラは遅刻したおかげで助かったんだよね。このとき長州でも松陰先生の弟子の中でも久坂や高杉と並ぶ俊英と称され、明治政府の高官になった品川弥次郎をして生きていれば確実に総理になれたと評される吉田を失ったのは相当な痛手だっただろう。というか松陰先生に一番目を掛けられていた連中はみんな明治を待たずに死んじゃってるからね・・・・・・

ここで一番残念なのは新撰組が突入したのに斬り合いは一切カット、もちろんお決まりの階段落ちもありません。しかもあの戦いで昏倒したはずの沖田まで平然と歩いてたしね。本当なら藤堂とかと一緒に戸板で運ばれているだろうに。
それと今回もナイト土方は一言も台詞なかったな。ドリフターズの廃棄物土方じゃないんだから一言くらいなんかしゃべれよ。

とりあえず最近の幕末ものじゃ長州勢が冷遇されるのはお決まりになりつつあるが、字幕さえ出してもらえない吉田の扱いとかには全山口が泣いた。頼むからもう少し長州勢の扱いをマシにしてくれとはいつも思う。













スポンサーサイト

テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

土曜スタジオパークに電王以蔵参上w

今日、龍馬伝の再放送のあとにあった土曜スタジオパークに以蔵役の佐藤健君が出てたが、実年齢考えると龍馬役の福山はもう40で、鬼畜半平太役の大森さんも30代後半なのに彼はまだ21なんだね。福山が十代の終わりごろにやんちゃしてたらあれくらいの息子がいると考えると、龍馬伝の配役ってかなり年齢的に無理があるよなと改めて実感したw

でも最初に岡田以蔵役が佐藤健君になるって聞いたときは以蔵が電王かいな、と思ったけどやっぱり相当に史実の以蔵とは異なる存在になっちゃったよね・・・・・・以蔵は先々週はもう人斬りは嫌じゃ!とか泣き喚いてたけど、本当に人殺すのが嫌な奴は殺した相手のアナルに竹槍突っ込んで、額に犬とか書いて(~の犬、という言い回しはこれが起源らしい)晒し者とかにはしないからね? 

史実の以蔵は無学なのは作中と一緒だけど、残忍で酒色を好み粗暴で仲間内からも嫌悪されていたというのが実像なんで、だいぶそれとはかけ離れているとしか思えない。鬼畜半平太にしてもなんかいい人っぽく描かれすぎだしね。以蔵のことも本当は内心では軽蔑していたし、彼が捕縛されたときもあの阿呆はさっさと死んでくれればよかったものをと手紙に残しているくらいなんで。以蔵が今までの影働きのことを自白するのを恐れて、獄中に毒入りの饅頭を差し入れたというのは史実かどうかは不明だけど。

それから龍馬も龍馬でいろいろと主人公補正かかりすぎだし、弥太郎はここ最近は完全に単なるタカリ野郎と化していたし、後藤象二郎なんか極悪人だしね・・・・・・うちの母親曰くマジで三菱の関係者から犬HKに抗議あったらしいが、後藤象二郎の子孫はもっと怒っていいと個人的には思うw『おーい、龍馬』も容堂公を悪者に描きすぎて子孫から苦情来たとウィキペディアにも書いてあったしね。

龍馬伝の容堂公は老獪な策士で酒好きというのはそのまんまだけど、登場シーンじゃだいたい酒飲んでるかお菓子食べてるか、遊んでるかどれかだけどw作中じゃ近藤正臣さんがやってるから老齢に見えるけど、実はあのときはまだ30代後半くらいで、死んだときもまだ50にもならなかったんだよね。

そりゃ毎日あんだけ酒飲んでお菓子食べてたら健康にいいはずないだろという話にもなるが。

先週は新撰組がちょこっとだけラストに出てきて、土方役の松田悟志君(仮面ライダーナイト)と電王以蔵のライダー対決が実現したが、明日はとうとう龍馬も割り込むんだけど実際に沖田や近藤まで敵に回して、ガチでやりあって生き延びれたら正直凄いと思う。たぶん頃合いを見て逃走するんだろうけどね。あそこでもし龍馬が彼ら相手に手傷でも負わせるくらいにやりあったらさすがに主人公補正掛かりすぎもいいところだし、キャラにも合わないからね・・・・・・

あと沖田役の人も子役として仮面ライダー響鬼に出ていたというのは驚いた。沢村G3-X惣之丞といい、電王以蔵といい、ナイト土方といい犬HKどんだけ特撮好きなんだよと思ったw 今後も仮面ライダー関係者出てこねぇかなと秘かに楽しみである。









テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

龍馬伝第十八話

三週ぶりに龍馬伝の感想書く。

今回はヴァン平太らの目論みで家茂公が上洛を余儀なくされてたが、『新撰組!』でもあった高杉晋作が家茂公の行列に「よっ! 征夷大将軍!」と野次を飛ばすシーンはカットされてた。相変わらずの長州勢の冷遇っぷりに全山口が泣いた。

幕府側もなんか慶喜公がいまひとつ賢そうに見えなかったり、薩長側や勝海舟からもその英邁さを評価されてた家茂公も単なるスイーツ(笑)大好きのお坊ちゃんみたいに描かれてたりとひどいのだが。実際、そのスイーツ大好きぶりが祟って虫歯が要因になって四境戦争の最中に若くしてこの世を去ってしまうのだけれど。

今回は金八海舟先生が出かけている間に長次郎と一緒に龍馬は海軍操練所の士官候補生集めに奔走するのだけど、どう見ても怪しい風俗の呼び込みかノンケをハッテン場にホイホイ誘うホモか何かだったw 実際、あんなんじゃそりゃ掘られると思ってヒくだろみんな・・・・・・ それでようやく見つかったのがしばらく出番のなかった沢村G3-X惣之丞だったが、三日もまともに食ってないという困窮ぶりだった。それでホイホイ誘われて操練所に入ってたが、それから容堂公の命令で望月亀弥太ら土佐勤皇党メンバーも合流することに。

盛り上がりを見せていた海軍操練所だったけど、惣之丞らをはじめとして学生たちがみんな習得した技術で異人をぶっ飛ばすことばかりに躍起になってたのを龍馬は危惧するんだけど、勝先生はそんなの口で言ってわかりゃ苦労しねぇよと龍馬を諭したり、自分をヴァン平太の命令で斬りに来た以蔵にまで楽しそうに地球儀を見せたりと懐の広さを見せてくれていた。

あとはじめて地球儀役に立ってたがさすがは天然人斬りバカの以蔵クオリティか。しかもそんな以蔵を自分の師匠の護衛につけようとか無茶ぶりが過ぎるだろ龍馬・・・・・・

前回、上士に昇格して人生の絶頂に達してたヴァン平太だけど、こちらは以蔵が帰ってこなかったり平井収次郎が容堂公の策略で離反しかけたりと死亡フラグが徐々に現実味を帯びてきた。来週の予告じゃいよいよ進退窮まるみたいな感じになってきていたし。

それから作中じゃ近藤正臣さんがやってるから老齢のイメージあるけど、実際は容堂公はこのときまだ三十代なかばくらいだったのね。まあ龍馬からしてもう40になる福山がやってるんである意味その逆行ってるよな・・・・・・

テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

『龍馬伝』第十五話

前回は以蔵が殺人的な意味で童貞を捨てたり、鬼畜半平太がすっかり藩の実権を握ったりしていたが弥太郎は龍馬を捕縛できずに土佐にとんぼ帰りしたせいで大根片手にファーマーライフを余儀なくさせられてた。しかも街のダニこと弥次郎パパにノリ突っ込みしてたのが何とも笑えた。

まあでもあそこで逃げ帰ってた(史実では藩の命令で土佐に戻っていたらしいが)から以蔵にも斬られずに済んで、明治に入ってのあのゲイシャガールズ侍らせてのリア充ライフがあるんだけどね。それにしても喜勢さんは出来ておる、出来ておる喃・・・・・・

前回で見事とまではいかないまでも童貞捨てた以蔵は今度は攘夷派の論客・本間精一郎の暗殺に手を染めることに。酒の席じゃ単なる口先だけのお調子者みたいに言われてたけど、実際には清川八郎とかとも親交あって攘夷派じゃ名の知れた一廉の人物だったみたいね。何か象二郎の龍馬毒殺未遂といい龍馬モノだとどうしても敵対勢力の人間が不等に貶められてるのはあんまりよろしくないとは個人的には思うけどね。そこはあくまでドラマと史実はいかに大河でも別物だと割り切って見てということで。

しかも作中じゃ以蔵が単独で殺ってるけど本当は薩摩の田中新兵衛(薩摩の幕末四大人斬りの一人)とかも加わってて、前回の井上某同様単独犯じゃないんだよね。あと猿の文吉の殺しはやっぱりエグいんでカットか。確かに実写で組紐で絞め殺してアナルに竹槍突っ込んで晒し者にするとかやったらマズイわな。実際やってたら犬HKマジで神だけど。

でも以蔵の殺しって今のところ毎回バタバタしすぎだよね。いくら昔は治安も悪いし夜間に人が外出あんまりしないからってあんなにガチャガチャやってたら下手すりゃ見つかるだろ。アサシンなら少しは今は亡き八丁堀の中村さんの手並みを見習って欲しいものだとはいつも思う。

それから龍馬は弥太郎が大根耕したり、以蔵が殺しに精を出す中広末といちゃついていろんな意味でリア充真っ盛りだった。しかも以蔵に街中で見つかってわしは長州藩士じゃきにとかめちゃめちゃ無理のある言い逃れしてたのには笑った。ケンシロウっぽく言うとそんな長州藩士がいるか! という感じ。デカいババアじゃないけど。
しかし以蔵はあれだけもう殺しにどっぷり浸かってるくせに自分の陰働きを広末に自慢げに語ろうとしたりとかどうも軽さが目立ってたな。さすがに空気の読めるリア充龍馬はその先は言わせなかったけど。

同じ人斬りでも中村半次郎は学問(漢学)こそ不得手だったけど、その篤実な人柄や豪胆さから多くの人に信頼されていたけど、以蔵はこういう軽薄さや粗暴さ、幕臣の勝海舟の護衛を引き受けるなどの信念の無さとかそういうのもあって、実際は勤皇党の中でも疎んじられてたし、だから鬼畜半平太からも所詮は使い捨ての人斬り包丁としてしかみなされてなかったんだよね・・・・・・ 不遇な出自など不憫な要素はあるけどやっぱり自業自得な面もあるとは正直言って思う。

一方、勤皇党などとの方向性の違いから自分の行くべき道を決めかねていた龍馬は、広末から勝海舟のことを聞き江戸に赴くことに。予告だと軍艦にも乗ってたけど思い切り海舟さんからはこのバカチンが! みたいなこと言われてたなw あと来週はとうとう高杉総督が英国領事館をついに焼き討ちするのかね? まだ誰が高杉役やるかわからんけどどうも長州勢はここ最近の大河に漏れず冷遇され気味なんで(松陰先生の扱いには実際に山口県民からは反発あったみたい)もっと活躍して欲しいところではあるが。

あとウィキペディア見たら新撰組関係じゃ近藤が原田泰造で土方が仮面ライダーナイト役の松田悟志さんだった。これで電王以蔵と沢村G3-X惣之丞、ナイトと仮面ライダー三人目だなw あとオダギリジョーとか加集利樹君とか半田健人君とかいろいろ出てきたらマジで面白いのに。



テーマ : 龍馬伝
ジャンル : テレビ・ラジオ

龍馬伝第十四話

先週は第一部終わりということだったが、始まってみたら弥太郎がいきなりゲイシャ・ガールズを侍らせて肉モシャモシャ食ってて超リア充になっててびっくりした。一瞬、弥太郎の妄想かと思いきや第一話のプロローグに出てきた記者・坂崎紫欄もいたんでちゃんとした未来のお話だとすぐに判明、しかも後藤象二郎やらまだ本編には未登場の板垣退助の留学資金の援助を申し出られるんだが、どうせあいつらのは半分は遊びじゃろうがと容赦なく切り捨ててた。今で言えば半分は市民の血税を使った観光旅行みたいな県会議員の研修旅行みたいな感じ、と解釈されたんだろう。

坂崎は日本郵船の設立に協力した象二郎や板垣に対しても容赦ないっすね、とこぼすが俺は無駄な金はビタ一文出さんとはっきり名言。心底くそっ、という思いが象二郎の部下らしき人物ににじみ出てたりと思い切り昔とは立場が逆転していたのがある種の爽快感さえ感じられた。

まあ幕末の志士やらは大概は西郷どんでも大久保卿でもだが元は侍とは名ばかりの貧家の出や、伊藤博文なんかそもそも田布施というド田舎の百姓だったり、山縣有朋も中間の出でズラも元は医者の息子だしね。多かれ少なかれ今まで自分たちを蔑んできた連中が逆に頭を下げに来るようになったというのは、内心じゃ優越感みたいなのはどっかで感じてたと思うよ。俺にしても同じ時代に生まれて四境戦争(第二次長州征伐)やら戊辰戦争で軍功立てて、歴史の教科書に名前は載らないまでも子爵とか男爵にでもなればそう思っていただろうし。

そういう意味ではあの時代の人たちは雄藩では独自に軍備を持てて中央政府と戦えたという意味ではつくづく羨ましい。俺も今の政府なぞ同じ日本人同士で殺しあうことになっても力ずくでも倒してやりたいとさえ思うけど、現代社会じゃそれも叶わないからね。正直いまの永田町で国を憂う心もまともな知性、戦略眼もないくせに威張り腐ってる無能者、売国奴どもは片っ端から髪の毛を引きずって顔面から汚泥の中に叩きつけてやりたいとは常々思っているんで。

話は逸れたが今回は龍馬は脱藩たはいいが既に大阪には居らず、沢村G3-X惣之丞は藩主豊範の上洛の警護で大阪にいた溝淵ピエール広之丞となぜか土佐の名物カツオのたたきを食ってた。まあカツオのたたきって鮮度高い内はうまいし俺も好きだけどこの時代でどれだけその品質が維持できていたのかは気になるところだけど。龍馬は薩摩に行ったみたいだが結局、入国は叶わずまた大阪に逆戻り。まあ下手に入ろうとしたら薩摩の示現流でバッサリされかねないしね・・・・・・ 中村半次郎みたいなおっかないのもいるし。

大阪に戻ったところを東洋様がお亡くなりになって月代を剃る余裕もないくらい意気消沈した象二郎の命を受けたその部下と弥太郎に見つかるんだけど、龍馬を殺るべく周りの浪人者に一両やるからと人海戦術で攻めるはいいが脇差一振りで全員瞬殺(殺してないけど)されてたのは笑った。いくらなんでも強すぎだろ龍馬w ここで弥太郎はもう駄目じゃんといって土佐に帰っちゃうんだけど後にこれで命拾いすることになるのだけれど。

一方、土佐藩の屯所じゃ殿様がはしかになって足止め食らってて収次郎たちも上洛できず苛立ってたが、忠犬ライダー以蔵は自分だけまともな役職を与えられてないと焦燥感を露わにしていたが、まあ以蔵はろくに学問も出来ない無教養で情緒不安定なDQNで刀振り回すしか能がないんで仕方ないと言えばそれまでだろう。
ある意味無学なことは恥じゃないが学ぼうとしなかったことこそが恥なんじゃないかと言いたくなる。同じ人斬りでも中村半次郎は最初は文盲に近い状態だったけど努力して日記やら後には政府への意見書も書けるようになったりとか、西郷どんをしてあいつに学がもっとあればオイ以上の人物にさえなれると言わしめたくらいだった訳だから。

龍馬は脱藩中なのにピエールに声掛けて屯所に侵入して鬼畜半平太と再会してたけど、東洋様を暗殺し完全に悪鬼羅刹の道を行きだした半平太と龍馬じゃもうその溝は埋められなく、お互いもう違う世界の住人だと実感することに。
そして半平太は以蔵を丸め込んで土佐からの郷廻りを殺っちまえと仕向けるんだが、殺人童貞の以蔵のあまりにショボイ殺しぶりとその場でゲーゲー吐いてる姿が何とも笑えた。まあ童貞捨てるときなんてそんなものなんだけど得意の剣術も使う余裕もなく、思い切りパニック状態でとどめは襟締め(柔術っぽく言うとラペラチョーク)だったしね。

新撰組みたいな市街戦のプロフェッショナルは別格として、あんな遮蔽物の多いところでは物陰で待ち伏せて背後から中村主水よろしくズブリ、かバックから口塞いで頚動脈かっ切ったりが定石かと思う。ある意味、幕末版メタルギア・ソリッドになるけどね。翌日、死体が見つかって以蔵の陰働きに気付いた鬼畜半平太の視線に電王ニンマリ。これがきっかけで幕末きってのキリングマシーン・岡田以蔵が誕生することになるが、これが彼の非業の最期の始まりにもなると考えると何ともやりきれない。

あと前回の予告でブリテンの領事館らしき建物がボーボー燃えてたんで、今週からは高杉総督出てくるかなとは思ったが時期的に考えてもまだちょっと先の話しみたい。今のところ長州の人士はズラと久坂玄瑞しか出てきてないし、これから龍馬も長州入りするんで長州勢の活躍にも期待したいところではあるが・・・・・・ 最近の幕末ものじゃズラ以外の長州の志士は冷遇されっぱなしだっただけに。





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

矢崎竜座

Author:矢崎竜座
所属 鹿屋基地、山口県立ロアナプラ高校愉悦部

身長 171cm 通常体重 60kg

趣味 二次元コンテンツ全般、格闘技全般(見るのもやるのも)、フットボール(アメリカさんやラグビーではない方、こちらは見るの専門)、リラックマ、映画鑑賞、ミリタリー関連

二次元における嗜好 百合、バイオレンス、リョナ、巨乳、褐色、銀髪、エルフ耳、人妻・未亡人、獣耳、姉・年上、ロリババア、男の娘、女騎士・姫騎士、巫女、魔法少女、ヤンデレ

好きな艦娘 長門、金剛、比叡、榛名、羽黒、摩耶、天龍、神通、電、雷、響、高雄、飛龍、翔鶴、千代田、雪風、夕立、時雨、ビスマルク、北上、大井、大鳳、秋月

いま欲しい艦娘 まるゆを出来るだけたくさん

史実で好きな軍艦 大和、霧島、飛龍、伊58、金剛、雷、ミズーリ、アルバコア、サウスダコタ

尊敬する帝国軍人 山口多聞、工藤俊作、橋本以行、小沢治三郎、酒巻和男、菅野直、坂井三郎、友永丈市、栗林忠道、大場栄、小野田寛郎


好きな銃器 シグP226、M4カービン、シグSG552、89式小銃、タボール、H&KMP7、ウージー、FN57

好きなラノベ キノの旅、ソードアート・オンライン、デュラララ!、ログ・ホライズン、されど罪人は竜と踊る、幼女戦記、魔弾の王と戦姫

好きなコミック 暗殺教室、ちるらん、trash.、進撃の巨人、アカメが斬る!、まりんこゆみ、HELLSING、ホーリーランド、ドリフターズ、ヨルムンガンド

好きなゲーム デビルサバイバー、世界樹の迷宮、ファイアーエムブレム覚醒、真女神転生Ⅳ

政治的スタンス おそらく保守左派、親米保守

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
967位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
147位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR